ESD〜子供と地球の笑顔のために

【貧困をなくそう】

〔SDGsの目標を学ぶ①〕

ESD(持続可能な地球の創り手教育)では、SDGs(持続可能な開発目標)について学ぶことが重要だと考えています。

SDGsの17の目標のうち1つ目は『貧困をなくそう』です。
『貧困』というと、私はセブに住んでいた頃に会った子供たちを思い出します。

  • 学校に行かずトライシクルという乗り物を運転してお金を稼いでいた少年
  • 赤ちゃんを抱えて車の窓を叩いていた少女
  • 観光客を恐れさせていたストリートチルドレン

けれども極度の貧困は、遠い国の話ではありません。日本にいると貧富の差を感じることが少ないかもしれませんが、私は教員時代に、教室内の貧富の差を様々な場面で感じていました。

世界の人口の約11%が極度の貧困の中で暮らしているといいます。
SDGsの理念の一つは「一人も取り残さない」。
世界は全部つながっています。
セブの人たちの雇用を増やすという理想に燃えていた頃を思い出しながら、今の私にできることを考えています。

SDGsの目標『1.貧困をなくそう』

関連記事

  1. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【飢餓をゼロに】

  2. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【すべての人に健康と福祉を】

  3. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【ESDの歴史】

  4. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【ESDで育みたい力は?】

  5. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【総合的な学習の時間】

  6. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【ESDの考え方は?】

  7. ESD〜子供と地球の笑顔のために

    【ESDってなあに?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。