道端に咲いていた薄桃色の花

【緑色の種類が増える季節】

〔たくさんの色彩〕

車で移動中に移りゆく色彩たち

昨日は私たちの家から車で約40分ほどの距離にある隣町へ行ってきました。梅林や川沿い、花畑などを通り、山々を眺めながら走っていると、たくさんの色彩が目に飛び込んできます。
鮮やかな黄色の菜の花、可愛らしいピンクの遅咲き桜、真っ白な翼をもつ鳥、そして山々にはたくさんの種類の緑色。

車で移動中に見た美しいれんげ畑
春になると様々な色彩が出現してきます

自然環境に存在する数々の緑色

日本人というのは豊かな自然環境の中で生きてきたので、自然観察の目が養われており、高い色彩感覚をもっているのだという説を聞いたことがあります。この季節の山々が微妙に彩度、明度の違う様々な緑色に見えるのは、日本人の目だからこそなのかもしれません。

日本の伝統的な色表現を調べてみると、緑系だけでも80以上もありました。たとえば今時期の葉の色を表す表現だけでも、『若葉色』『浅緑』『若草色』『萌木色』『萌黄色』など、たくさんの種類があります。

我が家に生えている可愛らしい黄色の花

繊細な美しさの一片

ここに日本文化の繊細な美しさの要因があるのだなと、自然豊かな風景を眺めながら思ったのでした。

遅咲きの桜

関連記事

  1. 創業100年の『光華楼』のとんこつラーメン

    【100年続くビジネスを】

  2. 【佐賀城址】

  3. 【スライトエッジ③】

  4. 通りの片隅で売られている古本たち

    【ただ読書するだけではなく】

  5. 【生活を一変させる製品】

  6. live-happyを届けるambassadorとして

    【物事は初めは決まって少数の人によって】

  7. 【引越し】

  8. バタフライ効果

    【バタフライ効果】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。