【旅行】

〔億劫だった旅行〕

疲れたり,罪悪感を覚えたり

子どもの頃は旅行が億劫でした。人混みは疲れるし、親に振り回されるし……。

学生時代は仕送りだったので、旅行などをすると罪悪感がありました。
子どもが生まれると、旅行が好きになりました。
小さい子を連れて歩くと荷物が多くて大変ですが、外の世界を見せてあげられること、それによって娘が様々な反応をすることが楽しかったからです。

息抜きとしての旅行,新発見のための旅行

教員時代は忙しかったので、やりくりした時間で旅行をするのが息抜きになっていました。

海外に行くようになってから、旅行がすごく楽しくなりました。どこへ行っても多くの発見があるからです。
海外に行けば文化の違いや、その国ならではの風景や食事を楽しむことができます。日本国内の旅行でも、自分が住んでいる地域との違いに驚いたり、知らなかったことを知ることができて、新鮮です。

セブ島の朝焼け

 

苦手だった人混みも、
「色々な人たちを観察したり、交流したりするのが楽しい」
と思うようになりました。
旅行は好奇心を満たしてくれて、自分を変えてくれるので、大好きです。

これからも体が動く限り、あちこちの地域や国に、出かけていきたいと思います。

関連記事

  1. セブに移住し,現地の女性に日本語指導などを行いました。

    【改元という節目の自分分析】

  2. 〔おきのはた図書館〕の外観

    【本選びは楽し】

  3. 【スライトエッジ③】

  4. 黒木の大藤2

    【見事な天然記念物の大藤】

  5. コーヒーを飲みながら考える

    【考える力は知識を活かし拡げる】

  6. live-happyを届けるambassadorとして

    【物事は初めは決まって少数の人によって】

  7. バタフライ効果

    【バタフライ効果】

  8. 道端に咲いていた薄桃色の花

    【緑色の種類が増える季節】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。